毒親育ちの子育て日記 nano's diary

毒親育ちの夫婦による子育て日記です。

私は姉か母親か

 

私は三姉妹の長女です。

 

次女のMとは2歳差、末っ子のNとは9歳差です。

 

8歳までは父方の祖父母と同居していたのですが、色々あって祖父母とは別居。

 

なのでNが生まれた時は両親と姉妹の核家族で暮らしていました。

 

母は専業主婦ですし、洗濯や風呂掃除などの家事は出産時の入院の時から私がやっていたので、Nの世話に専念できるだろうと思っていたのですが、うちのメルヘン母に対してはその見解は甘かったです…。

 

げっぷを失敗したNを放って寝ている

首がすわってからのお風呂担当は私

食事中にNが泣き出しても母は放置なので私がオムツを替えたりあやしたりする

離乳食が始まると、おひたしを作ろうとしたらしきほうれん草を少量と百均の小さなすりこぎとすり鉢を渡される

はみがき?しあげはお姉ちゃ〜ん←

幼稚園のお弁当は私が自分の弁当作ったおかずの残り(詰めるのは母)

家族で買い物に行った時のチーム分けは

父、母、次女M

私、三女N

が通常装備(おかげでよく知らないおばちゃんに連れ子と間違えられて見当違いの同情されてました。)

 

実家にいる時はずっとこんな感じでしたね。

 

 

数少ない家族旅行の写真も、姉妹の3ショットなんてものはほとんどなく、ベビーカーに乗ったNとのツーショットばかり(笑)。

 

Mの赤ちゃん返りがひどかったのもあって両親はMばかり構っていたため、仕方ない面はあるのですが、Nにしてみたら物心ついた時から愛情不足は感じていたようです。

 

2歳くらいまではNが母を求めて泣き出してあやしている時、必死に私の胸をまさぐって

「ないー!!」

と泣くのが結構辛かったです(^ω^;)

 

Nを放ったらかしだった両親がもちろん悪いとは思ってるのですが、幼い思考の母にとっては、私がNを盗ったように感じた節もあるのかなぁとも思ったり。