毒親育ちの子育て日記 nano's diary

毒親育ちの夫婦による子育て日記です。

扁桃炎と旦那の話

 

退院して1ヶ月、お盆を過ぎて急にそれはやってきました。

 

喉に走る激痛。

 

後から思うと前兆はいくつかあったんですけどね…。

  • 右耳の違和感
  • 右奥歯が浮いた感じ
  • なんとなく喉がイガイガするような…。

 

生まれつき扁桃腺がかなり大きく、生後1ヶ月で手術を勧められた私。

(親は「幼い我が子にメスをいれるなんて…!」と断ったと言ってましたが多分手術代出すの嫌だったんだろうなぁ…)

 

疲れが溜まるとすぐに喉にくるので、激痛が走る3日ほど前から、就寝時にはマスク、喉に違和感を感じたらはちみつ100%飴を舐めるようにしてました。

 

が、そんなもんじゃ甘かった。

 

日中はワンオペ育児で疲れが溜まっており、旦那の4連休でピークに達したんでしようね。

 

右の扁桃腺が真っ赤に腫れて唾も飲み込めない状態に。

 

熱は37度後半から38度前半をいったりきたり。

 

これを書いてる現在(2018/08/22 17:31:21)、発熱4日目、絶食2日目です。

 

旦那は

「何もしなくていいから寝とけ!」

 

というのですが、乳飲み子抱えてそんなこと許されるはずなかろうに(笑)。

 

3時間おきの授乳(母乳が出にくくなったためミルクメイン)、すぐ寝てくれる時ばかりではないので寝かしつけ、哺乳瓶の消毒。

 

横になれたと思ったらすぐに次の授乳時間。

 

一瞬横になって起き上がる方が辛いので合間に洗濯や食事の用意。

 

ミルクに切り替えたとはいえ夜間授乳を旦那が替わってくれるわけでもなく(^ω^;)

 

そんな旦那は医療従事者です。

 

西洋医学だけでなく、中医学東洋医学にも詳しい彼は、体のメンテナンスを怠るとめちゃくちゃ怒ります。

 

なので今回も最初めっちゃキレられたのですが、さすがに3日経ってもいっこうに良くならない私を見て、少し診察してくれました。

 

「うわ、これはヤバい(笑)」

 

なら病院に行かせてくれよー!!

 

旦那は切って貼って薬を出してという西洋医学になるべく頼りたくない人なので(別に宗教ではないのでそこまで厳密にではないです)、あまり病院に行くことを好みません。

 

今回も寝てたら治るとのことで少し治療はしてもらいましたが、痛みがもうかなり強いのでそこまで効果はなく…。

 

しかし、体の巡りが悪く私が本当に弱ってるのには気づいてくれたので、家事はある程度文句言わずにやってくれるのは助かります。

 

 

うちの旦那、家事も全然やってくれるのですが、愛情不足のアダルト・チルドレンっぽい感じなので、やってくれたことに関して感謝を大げさなくらいしないと後のフォローが大変なんです。

 

一応旦那の両親とは和解したのですが、旦那が「自分の方が能力が上である」ことを見せつけ、両親がそれを受け入れたような形なのでもう親には甘えられないですし、彼の甘え先は私しかないんですよね…。

 

なので、子どもの世話に追われなかなか一緒の時間がとれなかった挙句体調崩して家事もままならないこの状況は旦那にとってかなりのストレスだと思うので、今回はなるべく旦那の言う事を聞こうと思います。

 

まぁ、こっそり買ったぺラックT錠も、症状が悪化してから飲んだせいか全然効かなかったんですけど←

 

ポカリもお湯割りですら飲めなくなってきたのであとはOS-1のゼリータイプだけが頼みの綱です(;´Д`)