毒親育ちの子育て日記 nano's diary

毒親育ちの夫婦による子育て日記です。

ナノさん夏生まれの話

我が家の長女ナノさんは夏生まれです。

 

というのも、妊娠前から周りのママさん達に

 

「子供産むなら絶対暖かい季節が良い」

 

と力説されまくっていたので、だったら夏生まれがいいなぁ、と妊活した結果です。

 

産まれていざ退院すると確かに夏生まれで良かったかもと思うことが色々ありました。

 

1.沐浴が楽

 

暑い時期なので、湯冷めをそこまで気にすることなくマイペースにすることが出来ました。

 

沐浴する時の私の格好も、キャミソールとショートパンツという軽装で寒くないのもありがたかったですね。

 

2.服が少なくて済む

 

生まれるまで性別がわからなかったのもあり、事前に用意していたのは

短肌着×3枚

コンビ肌着×2枚

ボディースーツ×2枚

だけでした。

 

これにコンビ肌着を2枚買い足しただけで全然夏を乗り越えることができました。

 

基本はコンビ肌着だけを着せておいて、検診などのお出かけ時は短肌着×ボディースーツ。

今年は記録的猛暑でしたし、生後3ヶ月に満たないナノさんを連れ出すこともあまりないのでこれで全然事足りました。

 

あ、でも甚平だけはどうしても着せたくてイオンで安売りしているものを1着購入しました(笑)。


f:id:Anna718:20180905122954j:image

可愛い(親バカ)

 

3.洗濯物がよく乾く

これだけの服で済むのも、洗濯物がすぐに乾いてくれるおかげです。

 

朝から洗濯機を回せば2、3時間で乾くので、その後、午後一で沐浴を済ませてもう1回回せば余裕で間に合いました。

 

服だけなら洗濯は1日1回で済んだのですが、シーツ、おくるみ、沐浴時と1日に3枚バスタオルを使っていたので、洗濯は2回必要でした(^ω^;)